施設紹介

ごみ焼却施設

当社で受けるごみ焼却灰は、主に流動床炉とストーカ炉でごみを焼却処理したものです。ごみ焼却場で捕集されたごみ焼却灰は飛灰(ダスト)、炉底から出る燃え殻は主灰と呼ばれます。

飛灰受入工程

ごみ焼却場で捕集されたごみ焼却飛灰(ダスト)は、専用の粉粒体輸送車両で運ばれ、密封下で当社のタンクに移送します。

脱ダイオキシン工程

焼却飛灰はハーゲンマイヤー炉にて約400℃還元雰囲気下で加熱し、冷却器で急冷することでダイオキシンを分解します。脱水銀処理も行います。

主灰受入工程

ごみ焼却場で積み込まれた焼却主灰(燃え殻)はふた付き(天蓋)ダンプトラックで当社に運ばれ、主灰ホッパに投入します。

主灰異物除去工程

主灰は磁選とふるい装置により磁性物と異物を取り除き、湿式粉砕機で粉砕処理します。

水洗脱塩素工程

脱ダイオキシン処理した飛灰と異物を取り除いた主灰は、回収水で洗浄することで塩素分を取り除き、フィルタープレスで脱水ろ過します。

排水処理工程

工程内で使用した水は沈降槽、中和槽等で処理され工程内で再利用します。その一部は、基準を満たしたことを確認し排水します。

環境装置

主灰受入ホッパや主灰倉庫の空気は吸引しスクラバーにて脱臭処理します。

セメント工場へ

セメント原料化した脱水ケーキはふた付き(天蓋)ダンプトラックに積み込まれ、株式会社トクヤマ、宇部興産株式会社のセメント工場に運びます。普通セメント等のセメント原料として全量有効活用します。